マイクロニードル技術

TECHNOLOGY

マイクロニードル技術とは?約8割がヒアルロン酸で作られた超高濃度集中ケアコスメ

マイクロニードル技術とは、ヒアルロン酸などの美容成分そのものを、0.1mmレベルの極めて微細なニードル(針)状に成形したスペシャルケア用のパッチです。

年齢を感じやすい部分に貼ることで、美容成分が角層の中に溶けだし、角層内部へダイレクトに浸透。
肌への優しさにも妥協せず、化粧品用に開発されたニードル形状のため、痛みを感じることなく美容施術のような体験ができます。

  • ※NISSHAにおいて

固形化によって美容成分だけを抽出

型に美容液を流し込み、熱をかけずにじっくりと乾燥させて針状に固形化。ほぼ美容成分だけの超高濃度処方を実現しました。

  • ※NISSHAにおいて

"針"形状のヒミツ浸透しづらい高分子成分も角層まできちんと届ける

  • 皮膚は水溶性をはじく皮脂膜と入り口の狭い角質細胞によって、高分子の成分が浸透しづらい特性があります。

  • 針状に結晶化したヒアルロン酸などの美容成分を角層に直接補給。

  • 針部分が角層内で5時間かけて溶け、それぞれの美容成分が中にじっくりと浸透します。

  • 角層全体に美容成分が行きわたり、しっとりとしたハリとツヤで満たされます。

乾燥による小ジワを目立たなくする効能評価試験済

SHOT MODEシリーズ共通基材において、化粧品機能評価法ガイドラインに基づく評価試験を専門的な第三者機関で行いました。

<PAGE TOP